深い虫歯(不可逆性歯髄炎)の治療・神経を残す方法

深い虫歯と浅い虫歯の違い

深い虫歯と浅い虫歯の違い虫歯はエナメル質から侵食し、その後象牙質、歯髄へと達します。
一般的には、歯髄にまで達した虫歯を「深い虫歯」、エナメル質・象牙質までに留まっている虫歯を「浅い虫歯」といいます。
「浅い虫歯」であれば、虫歯部分を削って詰め物・被せ物を取り付けることで歯髄を残して治療を終えられます。また、ごくごく浅い虫歯であれば、歯を削らずに治療することも可能です。
一方で「深い虫歯」の治療では一気に治療工程が増えます。虫歯部分を削り、侵された歯髄を除去し、洗浄・消毒・薬剤充填を経て、土台となるコアを立て、最後に被せ物を取り付けます。この一連の治療を「根管治療」と呼び、浅い虫歯の治療と比べると、通院回数が増え、費用もかさみます。そして何より、歯髄を喪失したことによるさまざまなリスクを抱えることとなり、歯の寿命が短くなります。
同じ‶虫歯治療〟でも、深い虫歯と浅い虫歯では、その治療法、予後に大きな違いがあるのです。

このような症状はありませんか?

  • 冷たいもの・甘いものを口にするとしみる
  • 何もしてなくてもズキズキと歯が痛む
  • 歯茎を押すと痛い
  • 噛み締めると痛い

このような症状がある方は、虫歯菌が神経まで達している可能性があります。

歯髄(歯の神経)を残すことの重要性

虫歯になってしまったとき、歯髄を維持する方法は2つあります。早期の「浅い虫歯」のうちに治療を受ける方法と、「深い虫歯」になってしまったけれど歯髄再生治療で歯髄を残す方法です。
浅い虫歯のうちに治療ができればいいですが、さまざまな理由によって治療が遅れてしまうケースというものが現実として存在します。
なぜ当院が歯髄再生治療を柱に掲げ、歯髄を残すことにこだわるのか、その理由をご説明します。

防御反応・免疫が維持され、外敵への抵抗力が守られる

歯髄が持つ防御反応・免疫によって、十分な抵抗力のある歯が守られます。

虫歯の再発・歯周炎が起こりにくい

抜髄した場合と比べると、虫歯が再発したり、炎症が起こったりするリスクが抑えられます。

痛みを知覚し、早期に虫歯・歯周病に気づける

「痛み」は、身体の異常を知らせてくれるサインです。
歯髄(歯の神経)が残れば、痛みは正しく知覚され、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療が可能になります。

歯質が維持され、割れにくい

抜髄をすると、歯に栄養が行き届かなくなり、脆く、割れやすくなります。
歯髄を残せば、歯質の健康が維持され、そういったリスクを回避できます。また、充填物が入らないことも、歯の柔軟性(割れにくさ)を支えてくれます。

抜髄による歯の変色を避けられる

抜髄をすると、しばらくして歯が黒っぽく変色することがあります。
歯髄を残せば、その心配はありません。健康面だけでなく、審美面でも、歯髄を残すことには大きなメリットがあるのです。

以上の内容を総合すると、歯髄を残すことが、「歯の寿命と審美性の維持」に直結することがお分かりかと思います。

深い虫歯が引き起こす「不可逆性歯髄炎」とは

虫歯が歯髄にまで達している状態を歯髄炎と呼びます。歯髄炎はさらに、「可逆性歯髄炎」と「不可逆性歯髄炎」に分けることができます。
当院では、不可逆性歯髄炎であっても、歯髄再生治療によって歯髄を残すことが可能です。

  • 可逆性歯髄炎
    歯髄を除去しなくとも、歯を残して治療を終えられる歯髄炎のことを指します。歯を削って詰め物・被せ物を取り付ける、一般的な虫歯治療で治せます。
    軽度の炎症によって、歯の毛細血管が拡張している段階です。
  • 不可逆性歯髄炎
    歯髄を除去しなければ、歯を残せない歯髄炎のことを指します。通常は、根管治療で歯髄を除去して、人工物を充填して治します。
    重い虫歯、外傷、歯周病からの感染、大きな破折などによって、歯髄が細菌に感染している状態です。歯が強く痛みます。(歯髄が完全に死ぬと、痛みは消失します)

深い虫歯でも神経残せる治療法「歯髄再生治療」

深い虫歯でも神経残せる治療法「歯髄再生治療」ここまででご説明したように、「深い虫歯」の歯髄を残さない治療を行った場合には、歯髄を喪失したことでさまざまなリスクを抱えることになります。特に長期的に見ると、歯そのものの寿命を短くする可能性も高くなります。
RD歯科クリニックでは、深い虫歯が生じたときにも、歯髄を残して歯の機能性・審美性・寿命を損なわない「歯髄再生治療」を行っております。
歯髄再生治療とは、患者様ご自身の不用歯から歯髄幹細胞を採取し、完全滅菌した深い虫歯の根管内に移植する治療です。これまでの治療法では失われるはずだった歯髄を残すことで、歯の機能性・審美性・寿命を維持し、患者様の心身の健康を守ることができます。

一番上に戻る一番上に戻る
お問合わせお問合わせ HOMEHOME