神経を抜いた歯の寿命はどのくらい持つ?長持ちさせるためのその後

神経を抜いた歯に起こりうるトラブル

神経を抜いた歯に起こりうるトラブル歯の神経を抜く(抜髄する)ことでよく起こるトラブルとしては、以下のものが挙げられます。

  • 栄養が行き届かず脆くなった歯が、日々の咀嚼・歯ぎしり・食いしばりなどで割れる
  • 治療中あるいは治療後の唾液の侵入によって虫歯が再発する・歯の根が腐る
  • 歯の根で炎症が生じ、顎の骨が膿む

いずれも、再治療によって歯を残すことは難しく、多くは抜歯となります。せっかく時間と費用をかけて根管治療を受けたのに結局その歯を短期間で失う、ということは十分に起こり得るのです。

神経抜いた歯の寿命はどのくらい持つ?

神経を抜くことによって、その歯の寿命は10年短くなると言われています。数年で抜歯になってしまうケースも珍しくありません。
抜歯となると、まずインプラント・入れ歯・ブリッジでお口の機能性・審美性を回復させる治療が必要になります。インプラント、自費の入れ歯などは比較的高いレベルでの機能性・審美性の回復が可能ですが、やはり歯髄を残した天然歯には到底敵いません。
また、インプラントは介護が必要になったときの管理が難しく、インプラント周囲炎によるインプラントそのものの脱落が懸念されます。ブリッジでは周囲の歯への負担増や清掃性の低下、入れ歯では咀嚼力の低下や発音への支障といったことが、それぞれ懸念されます。

神経抜いた歯の寿命が短い理由

神経を抜いた歯の寿命が短くなるのには、さまざまな理由があります。

  • 栄養が行き届かず、脆く、割れやすくなる
  • 根管治療が不完全であった場合、唾液の侵入による虫歯の再発が起こる
  • 痛みを知覚できないため、虫歯の再発や歯周病の発見・治療が遅れる

神経を抜いた歯を長持ちさせるには?
寿命を延ばすための“その後”

神経を抜いた歯を長持ちさせるには?<br>寿命を延ばすための“その後”根管治療後、どのようにすれば歯を長持ちさせることができるでしょうか。
大きく、喪失した歯髄をそのままにして再治療の予防に努める方法と、歯髄再生治療を行う方法との2パターンが考えられます。

再治療の予防

日頃のお手入れと食習慣に気を付ける

歯磨きに加え、デンタルフロスや歯間ブラシ、洗口液などを活用して、毎日のホームケアの質を上げましょう。
間食も、できるだけ控えます。もし間食を摂る場合には、糖分の少ないものを選び、間食後にもホームケアをしましょう。

プロによる予防歯科を定期的に受ける

プロによる予防歯科を定期的に受ける定期的に歯科医院でプロフェッショナルケアを受けましょう。ホームケアで除去しきれなかった汚れを、専用の道具・機器を用いて取り除いてもらえます。
3ヵ月に1度程度のペースで通っていることで、万が一虫歯が再発した場合にも、早期発見・早期治療ができます。

「痛くないから大丈夫!」と思わない

神経を抜いた歯は、虫歯になっても痛みを感じません。しかし当然ながら、虫歯は進行します。
「痛みを感じないのだからより注意しなくてはならない」という意識を持つことが大切です。

歯髄再生治療で歯を残す

歯髄再生治療で歯を残すもう1つの方法が、歯髄を喪失した歯で歯髄を再生させる「歯髄再生治療」です。
ご自身の不用歯から歯髄幹細胞を採取し、培養し、歯髄を失った歯の根管内に移植します。そこで歯髄が再生し、「痛みを知覚できる・歯に栄養を送り届けられる歯」へと導きます。
なお不要歯には、噛み合わせに関係ない親知らず、矯正治療のために抜く歯、生え変わる前の乳歯などを使用するため、必要である他の歯が犠牲になるということはありません。

一番上に戻る一番上に戻る
お問合わせお問合わせ HOMEHOME