歯髄再生治療とは

 

どのような治療か

歯髄再生治療の流れ

「食べる・喋る」機能を司るお口の健康を守ることが、身体の健康や社会性の維持につながることは近年よく知られるようになりました。
そんな中、近年注目されているのが、当院の行う「歯髄再生治療」です。患者様ご自身の不用歯から歯髄幹細胞を採取・培養し、完全除菌した歯の根管内へと移植する治療です。
歯根が未完成の幼若な永久歯に対して、歯根を完成させ、根尖部の閉鎖を図ることもできます。

歯髄が再生すれば、その後も歯に栄養を送り届けられるようになり、歯、そしてお口の健康を守ることができます。
なお不用歯には、噛み合わせに関係ない親知らず、矯正治療のために抜く歯、生え変わる前の乳歯などを使用するため、必要である他の歯が犠牲になるということはありません。

歯髄再生治療を行う理由

①歯を守る歯髄の重要な機能の回復
  • 痛覚により、う蝕の警告信号を伝えます。
  • 免疫調整能・感染防御力により、歯髄の炎症を抑えます。
  • 象牙質形成能により、う蝕の進行を抑えます。
  • 代謝作用や緩衝作用により、歯の強度を保ちます。
    ➡う蝕の進行、炎症の拡大および破折を防ぎ、歯を長持ちさせることができます。
②歯髄再生後の被蓋象牙質形成

②歯髄再生後の被蓋象牙質形成歯髄が再生されれば、その上に象牙質も大量に再生させる事ができ、残存象牙質との間に隙間ができず、微小漏洩、二次う蝕を防げます。

負の連鎖を断ち切るための歯髄再生

負の連鎖を断ち切るための歯髄再生生涯虫歯にならない・抜髄をしないということが理想ですが、実際には、どうしても防ぎきれない虫歯・抜髄というものもあります。
そこで大切になるのが、どこかでこの連鎖を断ち切ることです。しかし、特に根尖性歯周炎が起きてしまってからでは、連鎖の断ち切りは極めて困難になります。
歯髄再生治療は、「歯髄喪失による負の連鎖」を断ち切るための、早期にして最後の手段と言うことができます。

バンク紹介

バンク紹介乳歯や智歯等の歯が抜ける時に細胞を採取しておき、数年後に治療が必要になった際に使用することも可能です。
詳しくは弊院提携のアエラスバイオ歯髄幹細胞バンク™までお問い合わせください。
一番上に戻る一番上に戻る
お問合わせお問合わせ HOMEHOME