歯科医師様へ

歯髄再生治療の要点

歯髄再生治療は根管治療と同じ要領ですが、以下の2点がポイントです。

  1. 細胞移植前の根管内除菌
    抜髄歯、感染根管歯、根未完成幼若永久歯を問わず、歯髄幹細胞を移植する前の患歯の根管内除菌を確実にすることが求められます。ナノバブル水を用いた殺菌剤の使用が効果的です。
  2. 細胞移植後の確実な仮封
    細胞移植後に歯髄再生が進みますが、歯髄組織上に被蓋象牙質が出来るまでの間(通常半年~1年間)、外部からの異物や菌の侵入を防ぐため、仮封処置は確実に行うことが求められます。

歯髄再生治療のメカニズム

歯髄再生治療において、どのように治療が進んでいくのか、より詳しくご説明いたします。

  1. 不用歯の除去不用歯の除去
    噛み合わせに関係ない親知らず、矯正治療のために抜く予定の歯、生え変わる前の乳歯などを抜歯します。
  2. 歯髄幹細胞の採取・培養歯髄幹細胞の採取・培養
    抜歯した不用歯から、歯髄幹細胞を採取し、約1ヵ月かけて培養します。品質検査後、安全に保管します。
  3. 根管内の除菌抜髄・根管内の除菌
    治療の対象となる歯の根管内を完全に除菌します。
  4. 歯髄幹細胞の移植歯髄幹細胞の移
    治療の対象となる歯の根管内に、不用歯から採取・培養した歯髄幹細胞と遊走因子G-CSFを移植します。
  5. 血管新生因子・神経栄養因子を放出、従来の幹細胞が根管内へ遊走血管新生因子・神経栄養因子を放出、従来の幹細胞が根管内へ遊走
    移植細胞からのtrophic因子とG-CSFの相加作用により、歯の周囲組織から在来幹細胞が根管内に引き寄せられてきます。移植した細胞が根管内に留まり、血管新生因子、神経栄養因子を放出します。
    遊走因子G-CSFと血管新生因子・神経栄養因子によって、歯の周囲組織から幹細胞が根管内へと遊走(移動)します。

    ※BIODENTIN®とは、ケイ酸3カルシウムを主成分としたバイオセラミック系セメントで、高い生体親和性、高い封鎖性および湿潤環境に適合することが特徴。

  6. 血管新生・神経伸長・歯髄再生血管新生・神経伸長・歯髄再生
    血管や神経が伸びるとともに、根管内に入ってきた細胞が歯髄固有の細胞に分化して歯髄が再生されます。
  7. 被蓋象牙質形成被蓋象牙質形成
    再生歯髄面上に骨様象牙質が形成され、その下にさらに象牙芽細胞が並び、根管内部方向へ細管象牙質が形成されます。

歯髄再生治療を始めるには

RD歯科クリニックでは、歯髄再生治療を実施したい歯科医院様に向けて技術セミナーを実施いたします。さらに次の世代の治療技術研究を進めております。詳しくは当院までお問い合わせください。

歯髄幹細胞とは

人体は約37兆個の細胞で構成されているといわれていますが、その中に、分裂・増殖し、様々な細胞に分化する細胞が存在しており、これを「幹細胞」といいます。幹細胞は、自分と同じ細胞に分裂・増殖する自己複製能と、様々な細胞に分化する分化能を有することを特徴としています。

幹細胞は脂肪や骨髄等から採取出来ますが、「歯髄幹細胞」は固い歯に守られていることから、外部からのダメージが少なく、再生医療に最適な幹細胞です。特に、神経組織の再生や象牙質組織の再生には優れた特性を示します。

幹細胞の採取と再生医療

幹細胞の採取と再生医療

 

代表的論文・総説

原著

1. 世界初の歯髄再生治療

Nakashima M, Iohara K, Murakami M, Nakamura H, Sato Y, Ariji Y, Matsushita K.: Pulp regeneration by transplantation of dental pulp stem cells in pulpitis: A pilot clinical study. Stem Cell Res Therapy. 8(1):61, 2017. 世界初の根完成歯の歯髄再生治療の臨床研究

Iohara K, Imabayashi K, Ishizaka R, Watanabe A, Nabekura J, Ito M, Matsushita K, Nakamura H, Nakashima M.: Complete pulp regeneration after pulpectomy by transplantation of CD105+ stem cells with stromal cell-derived factor-1. Tissue Eng. Part A. 17(15-16): 1911-1920, 2011. 世界初歯髄幹細胞を用いた根完成歯の歯髄再生の動物実験に成功

2.歯髄再生メカニズム

Iohara K, Murakami M, Takeuchi N, Osako Y, Ito M, Ishizaka R, Utunomiya S, Nakamura H, Matsushita K, Nakashima M.: A novel combinatorial therapy with pulp stem cells and granulocyte colony-stimulating factor for total pulp regeneration. Stem Cells Transl Med. 2(7): 521-533, 2013.

3. 高齢歯

Iohara K, Murakami M, Nakata K, Nakashima M.: Age-dependent decline in dental pulp regeneration after pulpectomy in dogs. Exp Gerontol. 52:39-45, 2014. Erratum in. Exp Gerontol. 76:89, 2016. 高齢歯の歯髄再生の遅延

Iohara K, Zayed M, Takei M, Watanabe H, Nakahima M.: Treatment of pulpectomized teeth with trypsin prior to transplantation of mobilized dental pulp stem cells enhances pulp regeneration in aged dogs. Front Bioeng Biotechnol. 8:983, 2020. トリプシンによる高齢歯の歯髄再生促進

4. 同種移植

Iohara K, Utsunomiya S, Kohara S, Nakashima M.: Allogeneic transplantation of mobilized dental pulp stem cells with the mismatched dog leucocyte antigen type is safe and efficacious for total pulp regeneration. Stem Cell Res Therapy 9(1):116, 2018. 同種歯髄幹細胞による歯髄再生

5. ナノバブル

庵原耕一郎、中島美砂子:難治性根尖性歯周炎における抗菌ナノパーティクル含有ナノバブル水による根管内除菌効果の検討 日本歯科保存学雑誌 63(1): 73-82, 2020. ナノバブル抗菌剤による根管内除菌

庵原耕一郎、中島美砂子:閉鎖根管拡大のためのナノバブル水含有EDTAによる脱灰効果促進 日本歯科保存学会雑誌 62(3): 152-158, 2019. EDTA併用による根管拡大

庵原耕一郎、中島美砂子:ナノバブル水を用いた新規根管洗浄液のスミヤ―層除去効果の検討 日本歯科保存学会雑誌 62(3): 159-164, 2019. スミヤー層除去

Shawli H, Iohara K, Taroush M, Huang GTJ, Nakashima M, Azim AA.: Nanobubble-enhanced antimicrobial agents: a promising approach for regenerative endodontics. J Endod. 46(9):1248-1255, 2020. 次亜塩素酸ナトリウムとの併用による根管洗浄

総説(最近5年間の主なもの)

中島美砂子、庵原耕一郎:歯髄再生治療:実用化に向けた取り組み 日本歯科保存学雑誌 64(3): 2021.

Nakashima M, Iohara K., Zayed M.: Pulp Regeneration: Current Approaches, Challenges, and Novel Rejuvenating Strategies for an Aging Population. J Endodontics. 46(9S):S135-S142. 2020.

中島美砂子、庵原耕一郎:―患者まで届いている再生医療―「歯髄・象牙質再生治療の現状」 日本再生医療学会雑誌 18(1): 34-39, 2019. 

Nakashima M, Iohara K, Bottino MC, Fouad AF, Nör JE, Huang GT.: Animal Models for Stem Cell-Based Pulp Regeneration: Foundation for Human Clinical Applications. Tissue Eng Part B Rev. 25(2):100-113, 2019.

Nakashima M, Iohara K.: Recent progress in translation from bench to a pilot clinical study on total pulp regeneration. J Endod. 43(9S):S82-S86. 2017.

特許

歯髄再生治療関連特許一覧

  • 特許5621105 根管充填剤
  • 特許6031658 根管充填剤
  • 特許5748194 非抜歯根管充填材
  • 特許5939559 間葉系幹細胞を含んでなる根管充填材及びこれを用いた歯髄再生方法
  • 特願2019-535654 歯及び口腔内付着物除去促進

先行歯科HP

 

一番上に戻る一番上に戻る
お問合わせお問合わせ HOMEHOME